for-phone-onlyfor-tablet-portrait-upfor-tablet-landscape-upfor-desktop-upfor-wide-desktop-up

サッカー=ドイツ監督「もう猶予はない」、スペイン戦へ意欲

サッカーのドイツ代表を率いるハンジ・フリック監督は24日、W杯カタール大会1次リーグの初戦で日本に敗れたことを受け、もう猶予はないと決意を示した。ドーハで22日撮影(2022年 ロイター)

[ドーハ 24日 ロイター] - サッカーのドイツ代表を率いるハンジ・フリック監督は24日、ワールドカップ(W杯)カタール大会1次リーグの初戦で日本に敗れたことを受け、もう猶予はないとの考えを示した。

W杯4回制覇のドイツは23日に行われた日本との初戦で、先制しながらも1─2の逆転負けを喫した。

フリック監督はオンライン記者会見で「これ以上、余計な弾はない。最初の1発を無駄にした」と振り返り、「今は物事に取り組み、改善する必要がある。前進し、1次リーグ最終戦に望みをつなげるために個性を発揮する必要がある」と意気込んだ。

次戦は27日のスペイン戦となるが、監督は「われわれはチームを信じており、ポジティブだ。日曜日のその試合に前向きに取り組みたい。敗戦を処理し頭を整理して、次のタスクに集中することが重要だ」と話した。

for-phone-onlyfor-tablet-portrait-upfor-tablet-landscape-upfor-desktop-upfor-wide-desktop-up