February 7, 2019 / 1:17 AM / 10 days ago

サッカー=UEFA審判委員長、VAR使用は「控えめに」

 2月6日、欧州サッカー連盟(UEFA)の審判委員長、ロベルト・ロゼッティ氏は、来週から始まる欧州チャンピオンズリーグ(CL)決勝トーナメントでのビデオ・アシスタント・レフェリー(VAR)の使用を控えめにするよう提言した。2018年6月にモスクワで撮影(2019年 ロイター/Sergei Karpukhin)

[ローマ 6日 ロイター] - 欧州サッカー連盟(UEFA)の審判委員長、ロベルト・ロゼッティ氏は6日、来週から始まる欧州チャンピオンズリーグ(CL)決勝トーナメントでのビデオ・アシスタント・レフェリー(VAR)の使用を控えめにするよう提言した。

ロゼッティ氏はVARをあくまでも審判の「保険」だと主張。審判団による明白な誤りを修正するためのものという、当初の考え方に戻したいと述べた。

VARは昨年のワールドカップ(W杯)ロシア大会での使用で成功を収めたが、いくつかの国内リーグにおいてはその過度な使用について議論が続いている。ロゼッティ氏は「私たちは明確な証拠、明確な映像、深刻なミスを避けることを求めている」と述べ、「主な目標は一貫性を持つことだ」とした。

ロゼッティ氏は、今後に行われるCL決勝トーナメントの全31試合について、VARが使用されないことを願うと話した一方で、「何かが起これば、私たちは準備ができていなければならない」と述べた。

0 : 0
  • narrow-browser-and-phone
  • medium-browser-and-portrait-tablet
  • landscape-tablet
  • medium-wide-browser
  • wide-browser-and-larger
  • medium-browser-and-landscape-tablet
  • medium-wide-browser-and-larger
  • above-phone
  • portrait-tablet-and-above
  • above-portrait-tablet
  • landscape-tablet-and-above
  • landscape-tablet-and-medium-wide-browser
  • portrait-tablet-and-below
  • landscape-tablet-and-below