June 16, 2018 / 1:50 AM / 3 months ago

サッカー=ポルトガルはスペインとドロー、ロナルドがハット

[ソチ 15日 ロイター] - サッカーのワールドカップ(W杯)ロシア大会は15日、各地で1次リーグの試合を行い、B組では欧州王者のポルトガルがスペインと3─3で引き分けた。

 6月15日、サッカーのW杯ロシア大会は、各地で1次リーグの試合を行い、B組では欧州王者のポルトガルがスペインと3─3で引き分けた。写真はポルトガル主将クリスティアノ・ロナルド(2018年 ロイター/Murad Sezer)

ポルトガルは前半4分、主将クリスティアノ・ロナルドが自ら得たPKを沈めて先制。同24分にジエゴ・コスタの同点弾を許すも、前半終了間際に再びロナルドがネットを揺らし、1点リードで折り返した。

後半はスペインのコスタとナチョがたて続けにゴールを挙げ、開始から13分で2点を奪われたが、ロナルドが試合終了間際のFKをダイレクトで決めてドローとなった。

このハットトリックで代表通算84得点を記録したロナルド。W杯4大会でゴールを決めた歴代4人目の選手となった。試合後に「とてもハッピー。個人的にもベスト(なハットトリック)だったが、一番注目すべきはチームのパフォーマンスだ」と述べた。

そのほか、イランはモロッコを1─0で下した。後半アディショナルタイムのモロッコのオウンゴールが試合を決めた。

0 : 0
  • narrow-browser-and-phone
  • medium-browser-and-portrait-tablet
  • landscape-tablet
  • medium-wide-browser
  • wide-browser-and-larger
  • medium-browser-and-landscape-tablet
  • medium-wide-browser-and-larger
  • above-phone
  • portrait-tablet-and-above
  • above-portrait-tablet
  • landscape-tablet-and-above
  • landscape-tablet-and-medium-wide-browser
  • portrait-tablet-and-below
  • landscape-tablet-and-below