July 9, 2018 / 3:58 AM / 4 months ago

サッカー=セットプレー光るイングランド、クロアチアも警戒

 7月8日、サッカーのW杯ロシア大会、イングランドはセットプレーから最多得点をマークしている。写真中央は準々決勝でセットプレーから先制のヘディングゴールを決めたハリー・マグワイア。ロシアのサマラで7日撮影(2018年 ロイター/Dylan Martinez)

[サンクトペテルブルク 8日 ロイター] - サッカーのワールドカップ(W杯)ロシア大会準決勝に進出したイングランドは、今大会出場チームのなかでセットプレーから最多得点をマークしている。

今大会ではここまで計157得点中66得点がセットプレーから生まれており、セットプレーとPKからの得点率は42パーセント。これまで最高だった1998年大会の36パーセントを上回っている。

特に28年ぶりに準決勝進出を決めたイングランドは、PKの3ゴールを含む8点がセットプレーからの得点。準々決勝のスウェーデン戦でも、ハリー・マグワイアが頭で先制ゴールをたたきこんだ。

準決勝でイングランドと戦うクロアチアの主将ルカ・モドリッチは、7日のイングランド─スウェーデン戦を見たとコメント。同日に行われた自身の準々決勝後、「彼らがどれほどセットプレーの場面に強いか分かった。試合当日までに、その場面での守備を向上させなければならない」と警戒した。

0 : 0
  • narrow-browser-and-phone
  • medium-browser-and-portrait-tablet
  • landscape-tablet
  • medium-wide-browser
  • wide-browser-and-larger
  • medium-browser-and-landscape-tablet
  • medium-wide-browser-and-larger
  • above-phone
  • portrait-tablet-and-above
  • above-portrait-tablet
  • landscape-tablet-and-above
  • landscape-tablet-and-medium-wide-browser
  • portrait-tablet-and-below
  • landscape-tablet-and-below