June 27, 2018 / 3:07 AM / 3 months ago

サッカー=スイス代表、今後は政治的パフォーマンスないと明言

[ニジニ・ノブゴロド(ロシア) 26日 ロイター] - サッカーのスイス代表MFバロン・ベーラミは26日、ワールドカップ(W杯)ロシア大会1次リーグのセルビア戦でのゴールパフォーマンスにより罰金処分を受けたチームメート2選手に言及した。

 6月26日、サッカーのスイス代表MFバロン・ベーラミ(右)は、W杯ロシア大会1次リーグのセルビア戦でのゴールパフォーマンスにより罰金処分を受けたチームメート2選手に言及した(2018年 ロイター/Carlos Barria)

22日に行われたセルビア戦で、スイスはグラニト・ジャカとシェルダン・シャキリのゴールにより2―1で勝利した。しかし、アルバニア系住民が多数を占めるコソボにルーツを持つ両選手は、コソボ問題で対立したセルビアを相手に、ゴール後にアルバニア国旗に描かれている双頭のワシを模したと見られる動きをみせた。

国際サッカー連盟(FIFA)は25日、このパフォーマンスが規律規定に違反しているとして、ジャカとシャキリに1万スイスフラン(約111万円)の罰金と厳重注意の処分を科した。両選手はともに、出場停止処分は免れた。

スイスは選手7人に加え、ウラジミール・ペトコビッチ監督も旧ユーゴスラビアにルーツを持つ。コソボ出身のベーラミは会見で、「今後、二度とそのようなことは起きない。誰も出場停止にならなかったことは嬉しいが、これは深刻な問題で、もう少し話し合いの時間を設ける必要がある」と述べた。

0 : 0
  • narrow-browser-and-phone
  • medium-browser-and-portrait-tablet
  • landscape-tablet
  • medium-wide-browser
  • wide-browser-and-larger
  • medium-browser-and-landscape-tablet
  • medium-wide-browser-and-larger
  • above-phone
  • portrait-tablet-and-above
  • above-portrait-tablet
  • landscape-tablet-and-above
  • landscape-tablet-and-medium-wide-browser
  • portrait-tablet-and-below
  • landscape-tablet-and-below