December 24, 2017 / 1:31 AM / a month ago

サッカー=レアル監督、クラシコ完敗も「後悔なし」

[マドリード 23日 ロイター] - サッカーのスペイン1部、レアル・マドリードは23日、ホームでバルセロナとの伝統の一戦「クラシコ」に0─3で敗れたが、ジネディーヌ・ジダン監督はスタメンを入れ替えたことを後悔していないと述べた。

ジダン監督は中盤を強化するため、イスコに代えてマテオ・コバチッチを先発起用。チームは前半こそ力強いプレーを見せたものの、バルセロナのカウンター攻撃に何回も崩された。

ジダン監督は試合後、「今回の結果を厳しく非難されることは分かっているが、下した判断に後悔はない」とコメント。「前半に得点できていれば、違う展開になっていた」と話した。

レアルは後半の3失点で完敗。1試合多く消化している首位バルセロナとの勝ち点差は14に広がった。

0 : 0
  • narrow-browser-and-phone
  • medium-browser-and-portrait-tablet
  • landscape-tablet
  • medium-wide-browser
  • wide-browser-and-larger
  • medium-browser-and-landscape-tablet
  • medium-wide-browser-and-larger
  • above-phone
  • portrait-tablet-and-above
  • above-portrait-tablet
  • landscape-tablet-and-above
  • landscape-tablet-and-medium-wide-browser
  • portrait-tablet-and-below
  • landscape-tablet-and-below