for-phone-onlyfor-tablet-portrait-upfor-tablet-landscape-upfor-desktop-upfor-wide-desktop-up

サッカー=メッシ、サウジアラビア戦「5分間のミス」嘆く

 サッカーのアルゼンチン代表FWリオネル・メッシは22日、世界ランキングで格下のサウジアラビアに逆転負けを喫したワールドカップ(W杯)カタール大会の1次リーグ初戦を振り返り、「5分間のミス」から形勢が一変したと語った(2022年 ロイター/Dylan Martinez)

[ルサイル(カタール) 22日 ロイター] - サッカーのアルゼンチン代表FWリオネル・メッシは22日、世界ランキングで格下のサウジアラビアに逆転負けを喫したワールドカップ(W杯)カタール大会の1次リーグ初戦を振り返り、「5分間のミス」から形勢が一変したと語った。

アルゼンチンは前半10分にメッシのPKで先制。ただ、前半に相手を圧倒しながらも合計3回、オフサイドでゴールが無効となった。すると、迎えた後半で同3分から5分間の間に2失点。試合はそのまま終了のホイッスルを迎えた。

メッシはアルゼンチンメディア「Todo Noticias」に対し、「これほど痛い目にあったのは久しぶり。このような形でのスタートは予想していなかった」とコメント。「(後半の)5分間のミスで1─2と逆転され、その後は本当にタフだった。私たちは秩序を失い、ボールを蹴るだけになった」と振り返った。

サウジアラビアは今大会に出場する中でランキングが2番目に低いチームだったが、メッシは「私たちが許せば、勝負してくるチームだということは分かっていた。彼らがそういうことができるチームだと分かっていたので、驚いてはいない」とも話した。

for-phone-onlyfor-tablet-portrait-upfor-tablet-landscape-upfor-desktop-upfor-wide-desktop-up