for-phone-onlyfor-tablet-portrait-upfor-tablet-landscape-upfor-desktop-upfor-wide-desktop-up

仏ソジェン、国内小口金融2社の統合を検討 収益性向上狙う

[パリ 23日 ロイター] - フランスの金融大手ソシエテ・ジェネラル(ソジェン)は国内で小口金融サービスを展開する子会社2社の統合を検討していると明らかにした。収益性の向上が狙い。

ソジェンはソシエテ・ジェネラルとクレディ・デュ・ノールの2つのブランドで小口金融を展開し、売り上げは全体の3分の1を占める。統合により地方での事業基盤が強化され、シナジー効果による収益性向上が期待できるとしている。

ソジェンは「単一の情報システムを導入するための条件」を検討するとし、統合には労組と協議する必要があると指摘した。

ソシエテ・ジェネラルは都市部を中心に1749の支店を有し、従業員は2万0700人、顧客の数は730万。一方クレディ・デュ・ノールの支店は679、従業員は約8200人。顧客の数は240万で地方の企業が中心。

※原文記事など関連情報は画面右側にある「関連コンテンツ」メニューからご覧ください

for-phone-onlyfor-tablet-portrait-upfor-tablet-landscape-upfor-desktop-upfor-wide-desktop-up