for-phone-onlyfor-tablet-portrait-upfor-tablet-landscape-upfor-desktop-upfor-wide-desktop-up

ソフトバンクG、中南米の金融ベンチャー対象に出資先模索=幹部

1月29日、ソフトバンクグループは、中南米の新興金融サービス会社を対象に出資先を探している。写真はソフトバンクのロゴ。都内で2017年7月撮影(2020年 ロイター/Issei Kato)

[サンパウロ 29日 ロイター] - ソフトバンクグループ9984.Tは、中南米の新興金融サービス会社を対象に出資先を探している。同社のブラジル担当カントリーマネジャー、アンドレ・マシエル氏が29日、明らかにした。

同氏はサンパウロで開かれた投資関連イベントで、「昨年以来、300社以上を検討したが、中南米で好ましい案件を見つけるのが一段と難しくなっている」と述べたうえで、最善の代替策は金融ベンチャーを対象に出資先を探すことだと語った。

融資契約を増やしたい金融ベンチャーは常に資金を必要としているからだと説明し、ソフトバンクが最近、出資を決めたメキシコのコンフィオやブラジルのクレディタスとバンコ・インターBIDI4.SAを例として挙げた。

同氏はまた、ブラジル上場企業の株価収益率(PER)は米国に上場するブラジル新興企業を下回ってはいないと説明。ソフトバンクは、出資先である中南米の企業の一部をブラジル国内で上場させることを検討するとの見通しを示した。

for-phone-onlyfor-tablet-portrait-upfor-tablet-landscape-upfor-desktop-upfor-wide-desktop-up