for-phone-onlyfor-tablet-portrait-upfor-tablet-landscape-upfor-desktop-upfor-wide-desktop-up

UPDATE 1-ソフトバンクG、株式非公開化巡る協議を再開=関係筋

(内容を更新しました)

[14日 ロイター] - 関係筋によると、ソフトバンクグループの幹部らは、複数の大規模資産売却後の新たな戦略を模索する中、株式非公開化を巡る協議を行っている。

ソフトバンクGの株価が保有資産の価値を下回る状況が続いていることが背景という。

協議は初期段階にあり、経営陣の間では非公開化を実施するかどうかについて意見が分かれている。また、非公開化を巡る協議は今回が初めてではないという。

同社の広報担当者はコメントを控えた。同社の株式非公開化に関しては英紙フィナンシャル・タイムズ(FT)が先行報道していた。

ソフトバンクGは14日、傘下の英半導体設計企業アーム・ホールディングスの全株式を半導体大手エヌビディアに最大400億ドル(約4兆2000億円)で売却することで最終合意したと発表した。

関係筋によると、株式非公開化に向けた協議はアーム売却後に加速する可能性があるという。

※原文記事など関連情報は画面右側にある「関連コンテンツ」メニューからご覧ください

for-phone-onlyfor-tablet-portrait-upfor-tablet-landscape-upfor-desktop-upfor-wide-desktop-up