October 3, 2018 / 10:49 AM / 2 months ago

ソフトバンク、国際太陽光同盟加盟国に無料で電力供給へ 25年目以降

[3日 ロイター] - ソフトバンクグループの孫正義社長は3日、インドのニューデリーで開かれた再生可能エネルギーに関する会議で、国際太陽光同盟(IS)に加盟し、買電契約(PAP)に調印した国に対し、25年目以降に無料で電力を供給すると提案した。

孫社長は「PAPの25年後以降、すべてのIS加盟国に対し、太陽光プロジェクトからの無料の電力を供給する。われわれは技術とイノベーションに投資を行っているため、太陽光エネルギーを効率的に利用することが可能になる」と述べた。

太陽光モジュールの効率は時間とともに低下し、生産者側の利益率も縮小する。

孫社長は太陽光発電プラントの寿命を約80年間と推定し、「夢ではない。われわれにはそれを実現させる資源がある」と語った。

0 : 0
  • narrow-browser-and-phone
  • medium-browser-and-portrait-tablet
  • landscape-tablet
  • medium-wide-browser
  • wide-browser-and-larger
  • medium-browser-and-landscape-tablet
  • medium-wide-browser-and-larger
  • above-phone
  • portrait-tablet-and-above
  • above-portrait-tablet
  • landscape-tablet-and-above
  • landscape-tablet-and-medium-wide-browser
  • portrait-tablet-and-below
  • landscape-tablet-and-below