for-phone-onlyfor-tablet-portrait-upfor-tablet-landscape-upfor-desktop-upfor-wide-desktop-up

ソフトバンクGが通信子会社株を最大1.47兆円売り出し、資金化計画は完了

 8月28日、ソフトバンクグループ(SBG)は、保有する通信子会社のソフトバンクの株式を同日の終値ベースで最大約1兆4700億円分売り出すと発表した。写真は都内で2015年5月撮影(2020年 ロイター/Toru Hanai)

[東京 28日 ロイター] - ソフトバンクグループ(SBG)9984.Tは28日、保有する通信子会社のソフトバンク9434.Tの株式を同日の終値ベースで最大約1兆4700億円分売り出すと発表した。新型コロナウイルスの感染拡大の第2波、第3波に備え、手元資金を拡充する。SBGによる4.5兆円の資産の売却・資金化の計画の一環で、今回の売り出しで同計画は完了する。

SBGはソフトバンク株について、需要動向を踏まえて追加で売り出す分を含め最大で発行済株式総数の21.7%に当たる約10億2800万株を売り出す。SBGの所有割合は62.1%から売り出し後には40.4%に低下する。売出価格は未定だが、同日の終値に基づくと約1兆4700億円規模となる。海外売り出し分は約2億5700万株。

SBGは4.5兆円の資産の売却・資金化に向けて、これまでにソフトバンク株約3000億円、アリババ株1兆6000億円、TモバイルUSTMUS.O株2兆4000億円の計4.3兆円分の売却・資金化を実施しており、今回の売出しでこの計画は完了する。ソフトバンク株式を追加で売却する意向はなく、売り出し後の持分を中長期的に維持する方針としている。

ソフトバンクは同日、発行済株式総数の1.68%に当たる8000万株・1000億円を上限に自社株買いを実施するとも発表した。取得期間は10月1日―2021年3月31日。

for-phone-onlyfor-tablet-portrait-upfor-tablet-landscape-upfor-desktop-upfor-wide-desktop-up