Reuters logo
ソフトバンク、3年目以降は解約無料の料金プラン提供へ
2016年3月16日 / 12:42 / 2年前

ソフトバンク、3年目以降は解約無料の料金プラン提供へ

[東京 16日 ロイター] - ソフトバンクは16日、加入から3年目以降は解約料がかからない新料金プランを6月1日から導入すると発表した。従来の料金に月300円上乗せする。2年契約をめぐっては、無料で解約できる期間が短いなどの問題があり、総務省の有識者会議が改善を求めていた。

 3月16日、ソフトバンクは、加入から3年目以降は解約料がかからない新料金プランを6月1日から導入すると発表した。従来の料金に月300円上乗せする。2015年10月撮影(2016年 ロイター/Thomas Peter)

新料金プランは国内通話し放題プランが3000円、1回5分以内の国内通話し放題ライトプランが2000円と、従来よりそれぞれ月300円高く設定した。これを契約すれば、25カ月目以降に解約する場合は9500円の解約料がかからない。

ただし、契約期間が長くなればそれだけ上乗せ料金を支払うことになり、一定期間を経過後は契約解除料を支払った方が得となる。同社によると、27カ月目から30カ月目に解約するユーザーは新料金プランの方が得だが、それ以降に解約する場合は従来プランで契約解除料を支払った方が得という。

また同社は従来の2年契約で無料で解約できる期間をこれまでの1カ月から2カ月に延長することも決めた。3月末以降に契約が満了となるユーザーから適用する。

2年契約は「2年縛り」と呼ばれ、いつの間にか更新されていたといった苦情も少なくなかった。

志田義寧

私たちの行動規範:トムソン・ロイター「信頼の原則」
0 : 0
  • narrow-browser-and-phone
  • medium-browser-and-portrait-tablet
  • landscape-tablet
  • medium-wide-browser
  • wide-browser-and-larger
  • medium-browser-and-landscape-tablet
  • medium-wide-browser-and-larger
  • above-phone
  • portrait-tablet-and-above
  • above-portrait-tablet
  • landscape-tablet-and-above
  • landscape-tablet-and-medium-wide-browser
  • portrait-tablet-and-below
  • landscape-tablet-and-below