for-phone-onlyfor-tablet-portrait-upfor-tablet-landscape-upfor-desktop-upfor-wide-desktop-up

ソフトバンクG、印再生エネ合弁の過半数株売却で交渉=インド紙

[ベンガルール 9日 ロイター] - ソフトバンク・グループは、インドの再生エネルギー合弁会社SBGクリーンテクの過半数株式の売却を目指して交渉している。さまざまな分野で投資事業の不振が続くなか、手元資金を増やすことが狙い。インド紙エコノミック・タイムズ(電子版)が9日、関係筋の話として報じた。

同紙によると、ソフトバンクは極東および湾岸地域の政府系ファンド(SWF)や年金基金と協議したほか、複数の米シリコンバレーのIT大手とも接触した。

ソフトバンクのインド事業の責任者は、ロイターの電子メールによるコメントの要請にまだ回答していない。

ソフトバンクはSBGクリーンテクの保有株70%をすべて売却することから、過半数株式の売却まで複数の選択肢を検討しているという。

SBGクリーンテクは、ソフトバンクとインドの複合企業バーティ・エンタープライゼズ、台湾の電子機器受託製造大手の鴻海科技集団(フォックスコン・テクノロジー・グループ)による合弁会社。

※原文記事など関連情報は画面右側にある「関連コンテンツ」メニューからご覧ください

for-phone-onlyfor-tablet-portrait-upfor-tablet-landscape-upfor-desktop-upfor-wide-desktop-up