for-phone-onlyfor-tablet-portrait-upfor-tablet-landscape-upfor-desktop-upfor-wide-desktop-up

ソフトバンク、インドへの投資は100億ドル超える見通し=孫社長

 12月2日、ソフトバンクグループの孫正義社長(写真)は、同社のインドへの投資規模が向こう10年間で100億ドルを超えるとの見通しを示した。2013年7月撮影(2016年 ロイター/Issei Kato)

[ニューデリー 2日 ロイター] - ソフトバンクグループ9984.Tの孫正義社長は2日、同社のインドへの投資規模が向こう10年間で100億ドルを超えるとの見通しを示した。

孫氏はニューデリーで開催されたイベントで、「自身のコミットメントを超える」と述べた。同氏はこれまで100億ドルを投資する方針を示していた。

また、ソフトバンクが既にインドで20億ドルを投じたと明らかにした。

孫氏は、1000億ドル規模のテクノロジー分野に投資するファンドについて、300億ドルを調達する必要があると述べた。

for-phone-onlyfor-tablet-portrait-upfor-tablet-landscape-upfor-desktop-upfor-wide-desktop-up