July 29, 2019 / 6:03 AM / 20 days ago

配車グラブ、インドネシアに20億ドル投資へ ソフトバンクから調達

 7月29日、東南アジアの配車アプリ大手グラブは、ソフトバンクグループから調達した資金20億ドルを利用して今後5年間にインドネシアに投資すると発表した。写真はソフトバンクグループの孫正義社長。都内で昨年11月撮影(2019年 ロイター/Kim Kyung Hoon)

[ジャカルタ 29日 ロイター] - 東南アジアの配車アプリ大手グラブは29日、ソフトバンクグループ(9984.T)から調達した資金20億ドルを利用して今後5年間にインドネシアに投資すると発表した。

次世代交通網の整備や、医療など重要なサービスの提供方法の改革を進めるという。

グラブは発表文書で「ソフトバンクはグラブを通じてインドネシアに20億ドルを投じ、重要なサービス・インフラのデジタル化を推進する」とした。

ソフトバンクから調達した総額30億ドル近い資本の中から投資を行うという。

同社の孫正義社長は同日先に、ジャカルタで記者団に対し、グラブに20億ドルを出資すると述べていたが、新たな資金なのか、これまでに発表済みの資金なのかには言及しなかった。

孫社長は、ジャカルタでのグラブ第2本社建設も支援すると明らかにした。

グラブからのコメントは現時点で得られていない。発表文書によると、同社は2017年以降、インドネシアに10億ドル超を投資している。

*内容を追加しました。

0 : 0
  • narrow-browser-and-phone
  • medium-browser-and-portrait-tablet
  • landscape-tablet
  • medium-wide-browser
  • wide-browser-and-larger
  • medium-browser-and-landscape-tablet
  • medium-wide-browser-and-larger
  • above-phone
  • portrait-tablet-and-above
  • above-portrait-tablet
  • landscape-tablet-and-above
  • landscape-tablet-and-medium-wide-browser
  • portrait-tablet-and-below
  • landscape-tablet-and-below