December 18, 2018 / 4:31 AM / 3 months ago

家庭用ロボットLOVOT発表、ペッパー開発者手掛ける

 12月18日、ソフトバンクグループの人型ロボット「ペッパー」の開発に携わった林要氏が代表を務めるGROOVE X(グルーブ・エックス)は、家庭用ロボット「LOVOT(らぼっと)」を報道陣に公開した。写真はLOVOT。都内で撮影(2018年 ロイター/Kim Kyung-Hoon)

[東京 18日 ロイター] - ソフトバンクグループ(9984.T)の人型ロボット「ペッパー」の開発に携わった林要氏が代表を務めるGROOVE X(グルーブ・エックス)は18日、家庭用ロボット「LOVOT(らぼっと)」を報道陣に公開した。抱っこやスキンシップを好み、人に癒しを与えるのが特徴。2019年秋以降に出荷を始める。

会見した林代表は「らぼっとは人との触れ合い方によって振る舞いが変化していく」と説明した。

価格は2体1セットで59万8000円、1体のみで34万9000円。このほか月額使用料が9980─3万6360円かかる。ペッパーとソニー(6758.T)の犬型ロボット「aibo(アイボ)」の本体価格19万8000円に比べると、かなり高い価格設定となっている。

林氏は「高価と思われるかもしれないが、これまでにない家族型ロボットをつくるという信念のもと、妥協せずにつくった」と説明。「本体価格は開発費すら含まないほぼ製造原価での販売となる」と語った。

GROOVE Xは林氏が2015年に創業。官民ファンドの産業革新機構(現INCJ)などから累計80億円の資金を調達、ロボット開発を続けてきた。林氏は「ペッパー生みの親」などと呼ばれていたが、ソフトバンクが異例の否定コメントを出したことで、ペッパーの「親権」をめぐる問題が表面化したことでも話題を集めた。

*写真を差し替えました。

志田義寧

0 : 0
  • narrow-browser-and-phone
  • medium-browser-and-portrait-tablet
  • landscape-tablet
  • medium-wide-browser
  • wide-browser-and-larger
  • medium-browser-and-landscape-tablet
  • medium-wide-browser-and-larger
  • above-phone
  • portrait-tablet-and-above
  • above-portrait-tablet
  • landscape-tablet-and-above
  • landscape-tablet-and-medium-wide-browser
  • portrait-tablet-and-below
  • landscape-tablet-and-below