June 18, 2020 / 10:53 PM / 13 days ago

ソフトバンク、マイノリティー創業の米14社に200万ドル強投資

ソフトバンクグループは18日、新興企業の事業拡大を支援する「アクセラレーター・プログラム」の対象として、黒人などマイノリティーが創業者となっている米企業14社に200万ドル余りを投資すると発表した。2017年7月、東京で撮影(2020年 ロイター/Issei Kato)

[ニューヨーク 18日 ロイター] - ソフトバンクグループ(9984.T)は18日、新興企業の事業拡大を支援する「アクセラレーター・プログラム」の対象として、黒人などマイノリティーが創業者となっている米企業14社に200万ドル余りを投資すると発表した。

「Emerge」と呼ばれるこのプログラムは、ソフトバンクグループ傘下のウィーワーク・ラブズおよびソフトバンク・インベストメント・アドバイザーズと共同で立ち上げたもので、マイノリティーが率いる新興企業を応援する。

対象となる米企業の創業者14人に対して少なくとも15万ドルずつ資金を提供する方針だ。

ソフトバンク・ビジョン・ファンドのラジーブ・ミスラ最高経営責任者(CEO)は、ダイバーシティー(多様性)を促し、マイノリティーの起業家が直面するハードルの一部を打破していくと表明。

資金提供を受ける企業の1社であるエネルギー管理プラットフォーム運営のSHYFTパワー・ソリューションズの共同創業者Ugwem Eneyo氏は、今回のプログラムを通じて他の起業家と出会い、協力することができたとの声明を発表した。

ソフトバンクグループは今月、非白人の起業家に出資する「オポチュニティー・グロース・ファンド」の設立も表明しており、企業経営における多様性の実現に向けた取り組みを強化している。

*内容を追加しました。

0 : 0
  • narrow-browser-and-phone
  • medium-browser-and-portrait-tablet
  • landscape-tablet
  • medium-wide-browser
  • wide-browser-and-larger
  • medium-browser-and-landscape-tablet
  • medium-wide-browser-and-larger
  • above-phone
  • portrait-tablet-and-above
  • above-portrait-tablet
  • landscape-tablet-and-above
  • landscape-tablet-and-medium-wide-browser
  • portrait-tablet-and-below
  • landscape-tablet-and-below