February 5, 2015 / 3:22 PM / 5 years ago

ソフトバンクはスプリントの減損処理せず、会計基準の違いで

 2月6日、スプリントが減損損失の計上を発表したことについて、ソフトバンクは同社の決算で減損処理をしないと発表した。写真は都内の店舗で2012年10月撮影(2015年 ロイター/Yuriko Nakao)

[東京 6日 ロイター] - 米携帯電話第3位のスプリント(S.N)が減損損失の計上を発表したことについて、親会社のソフトバンク(9984.T)は5日、会計基準の違いにより、同社の決算では減損処理をしないと発表した。

スプリントは同日発表した10─12月期決算(米国会計基準)で、個別資産ごとに減損テストを実施した結果、スプリント商標権などの価値が帳簿価額を下回ったため、21.3億ドル(2568億円)の減損損失を計上すると発表した。

これに対して、ソフトバンクが採用する国際会計基準では、減損テストは個別資産ごとではなく、資産全体で実施。ソフトバンクがそれに基づきテストをしたところ、スプリントの価値は帳簿価額を上回った。

同日夜に実施したカンファレンスコールで君和田和子執行役員は、純資産簿価と株価との比較で、回収できるという判断になったと説明。株価は支配権を考慮し、3割程度上乗せして計算したという。

志田義寧

0 : 0
  • narrow-browser-and-phone
  • medium-browser-and-portrait-tablet
  • landscape-tablet
  • medium-wide-browser
  • wide-browser-and-larger
  • medium-browser-and-landscape-tablet
  • medium-wide-browser-and-larger
  • above-phone
  • portrait-tablet-and-above
  • above-portrait-tablet
  • landscape-tablet-and-above
  • landscape-tablet-and-medium-wide-browser
  • portrait-tablet-and-below
  • landscape-tablet-and-below