July 10, 2018 / 4:00 AM / 4 months ago

ソフトバンクが米アルタバ保有のヤフー株取得へ、約2210億円で

 7月10日、ソフトバンクは、ヤフー株式の公開買い付け(TOB)を実施すると発表した。米アルタバ(旧・米ヤフー)が保有する約35%のうち、約11%を約2210億円で買い付ける。写真は都内で昨年7月撮影(2018年 ロイター/Issei Kato)

[東京 10日 ロイター] - ソフトバンクは10日、ヤフー(4689.T)株式の公開買い付け(TOB)を実施すると発表した。米アルタバ(旧・米ヤフー)(AABA.O)が保有する約35%のうち、約11%を約2210億円で買い付ける。

買い付け期間は11日から8月8日まで。買い付け価格は1株360円。

ヤフー株はソフトバンクグループ(9984.T)も約43%を保有しており、ソフトバンクと合わせたグループの持ち株比率は約54%となる。

ただ、ヤフーは上場会社としての独立性を確保するために、同時に自社株のTOBを実施する。発行株の約11%を約2200億円で買い付ける。このTOBにソフトバンクグループが応募、ソフトバンクグループとソフトバンクの最終的な持ち株比率は約48%となる。

アルタバは今年2月、ヤフー株の売却方針を表明。これを受け、ヤフー株価は下落基調にあった。ソフトバンクの直接出資と自社買いにより、株価の下落に歯止めをかけるとともに、両者の連携を強化する。

志田義寧

0 : 0
  • narrow-browser-and-phone
  • medium-browser-and-portrait-tablet
  • landscape-tablet
  • medium-wide-browser
  • wide-browser-and-larger
  • medium-browser-and-landscape-tablet
  • medium-wide-browser-and-larger
  • above-phone
  • portrait-tablet-and-above
  • above-portrait-tablet
  • landscape-tablet-and-above
  • landscape-tablet-and-medium-wide-browser
  • portrait-tablet-and-below
  • landscape-tablet-and-below