April 2, 2018 / 5:36 AM / 6 months ago

ソフトバンク、インドで太陽光発電の合弁設立へ 中国GCLと

[北京 2日 ロイター] - ソフトバンクグループ(9984.T)は、インドの太陽光発電市場への投資計画の一環として、同国で中国の協キン集成科技(GCLシステム・インテグレーション・テクノロジー)(002506.SZ)と9億3000万ドルの合弁事業を立ち上げることで合意した。

 4月2日、ソフトバンクグループは、インドの太陽光発電市場への投資計画の一環として、同国で中国の協キン集成科技(GCLシステム・インテグレーション・テクノロジー)と9億3000万ドルの合弁事業を立ち上げることで合意した。写真はインドのグジャラート州の太陽光発電所。2015年7月撮影(2018年 ロイター/Amit Dave)

GCLが30日に深セン取引所に提出した文書によると、GCLが技術を提供し、ソフトバンクは土地取得や規制当局の承認獲得を支援する。

最終的な発電能力は4ギガワット(GW)になる予定で、2GWずつの2段階で拡大していく。

合弁会社の持ち分はソフトバンクが60%、GCLが40%となる。

事業の財源はソフトバンクのビジョン・ファンドから賄う。ビジョン・ファンドの調達資金は昨年5月時点で930億ドル超とプライベートエクイティ・ファンドとしては世界最大規模。

ソフトバンクは2015年に、台湾の電子機器受託製造大手・鴻海科技集団(フォックスコン・テクノロジー・グループ)(2354.TW)、インドの複合企業バーティ・エンタープライゼズとともに、インドでの太陽光発電事業に最大200億ドルを投資する計画を明らかにした。

0 : 0
  • narrow-browser-and-phone
  • medium-browser-and-portrait-tablet
  • landscape-tablet
  • medium-wide-browser
  • wide-browser-and-larger
  • medium-browser-and-landscape-tablet
  • medium-wide-browser-and-larger
  • above-phone
  • portrait-tablet-and-above
  • above-portrait-tablet
  • landscape-tablet-and-above
  • landscape-tablet-and-medium-wide-browser
  • portrait-tablet-and-below
  • landscape-tablet-and-below