for-phone-onlyfor-tablet-portrait-upfor-tablet-landscape-upfor-desktop-upfor-wide-desktop-up

中国、ソロモン諸島と安全保障協定を締結と発表 米・豪は懸念

[シドニー/北京 19日 ロイター] - 中国外務省は19日、南太平洋の島国ソロモン諸島との間で安全保障協定を締結したと発表した。

中国外務省は19日、南太平洋の島国ソロモン諸島との間で安全保障協定を締結したと発表した。ソロモン諸島で2012年撮影。(2022年 ロイター/Daniel Munoz)

汪文斌報道官は定例記者会見で、両国外相が協定に最近署名したと説明。具体的な場所や日時については明らかにしなかった。

ソロモン諸島の議会幹部、ダグラス・エテ氏は先に、中国高官が5月半ばに同地を訪れ、協定に署名すると議員に説明していた。

エテ氏は、協定締結により、両国は貿易・教育・漁業に関する協力を深めるとした上で、中国による軍事基地建設を認めることには反対だと語った。また、ソガバレ首相は議会で、提案されている安全保障協定に中国の軍事基地は含まれないと述べた。

一方、ハイレベル代表団を今週ソロモン諸島に派遣すると発表していた米ホワイトハウスは、協定が透明性を欠き、具体的でない点を懸念していると表明した。

米国家安全保障会議(NSC)の報道官は、協定締結の発表について「現地との協議をほとんどしないまま曖昧な提案をする中国のお決まりのやり方だ」と語った。

中国とソロモン諸島の協定が、自国から2000キロ以内の中国軍駐留につながることを懸念している豪政府の当局者は、中国は米代表団の到着前に先手を打ちたいようだと述べた。

ペイン豪外相は、協定締結に深く失望しているとしつつも、中国側からの発表にとどまることから協定の詳細の把握に努めると発言。透明性の欠如に懸念を示し、協定が地域の安定を損なう恐れがあるとした。

豪ABCは、ソロモン諸島のソガバレ首相が協定について近く発表する計画だと伝えた。

中国外務省の汪報道官は、米代表団のソロモン諸島訪問について「失敗する」と述べた。

for-phone-onlyfor-tablet-portrait-upfor-tablet-landscape-upfor-desktop-upfor-wide-desktop-up