for-phone-onlyfor-tablet-portrait-upfor-tablet-landscape-upfor-desktop-upfor-wide-desktop-up

ソニー子会社、豪で350万豪ドル支払い命令 消費者保護法違反

 6月5日、オーストラリア競争・消費者委員会(ACCC)は、ソニーの子会社が消費者法に違反したとして連邦裁判所から350万豪ドル(240万米ドル)の支払いを命じられたと発表した。写真は千葉県で2019年9月撮影(2020年 ロイター/Issei Kato)

[5日 ロイター] - オーストラリア競争・消費者委員会(ACCC)は5日、ソニー6758.Tの子会社が消費者法に違反したとして連邦裁判所から350万豪ドル(240万米ドル)の支払いを命じられたと発表した。

ACCCは昨年5月、ソニー・インタラクティブエンタテインメント(SIE)ヨーロッパを提訴した。欠陥のあるプレイステーションのゲームの返金を求める消費者に対して、既にダウンロードされたゲームや購入から14日が過ぎている場合は返金する必要はないと伝えていたほか、現金ではなく買い物券でしか返金できないと説明したという。

ACCCのシムズ委員長は「ソニーが顧客に伝えたことは誤りで、消費者法の下での消費者に保証された権利を反映していない」とする声明を発表した。

ACCCによると、SIEヨーロッパは法的責任を認めている。ソニーはロイターのコメントの求めに応じていない。

for-phone-onlyfor-tablet-portrait-upfor-tablet-landscape-upfor-desktop-upfor-wide-desktop-up