Reuters logo
ソニー、米国本社のセリグマン社長が娯楽事業社長を兼務
2014年5月30日 / 09:03 / 3年後

ソニー、米国本社のセリグマン社長が娯楽事業社長を兼務

[東京 30日 ロイター] - ソニー(6758.T)は30日、ソニー米国本社のニコール・セリグマン社長が、映画や音楽などのエンターテインメント事業の社長を兼任する役員人事を発表した。6月19日の株主総会後の取締役会で正式に決定する。

 5月30日、ソニーはソニー米国本社のニコール・セリグマン社長が、映画や音楽などのエンターテインメント事業の社長を兼任する役員人事を発表した。都内の同社本社で22日撮影(2014年 ロイター/Yuya Shino)

弁護士資格を持つセリグマン氏は、エンターテインメント事業の最高経営責任者(CEO)兼会長のマイケル・リントン氏を管理や制度面でサポートする。本社と映画・音楽事業とのつながりを強化する。

ソニーは、エレクトロニクス事業の回復が遅れているが、映画・音楽事業は安定的に収益に貢献。平井一夫社長は5月23日の経営方針説明会で「(エレクトロニクスだけでなく)エンターテインメント、金融のどれもが本業」と述べ、来期以降の収益のけん引役にする考えを示している。

エンターテインメント事業は、昨年、米投資ファンドのサード・ポイントがソニーグループから分離・上場すべきと提案したが、平井社長は「ソニーの100%傘下でビジネスを継続するのが重要」と繰り返し話している。

村井令二

私たちの行動規範:トムソン・ロイター「信頼の原則」
0 : 0
  • narrow-browser-and-phone
  • medium-browser-and-portrait-tablet
  • landscape-tablet
  • medium-wide-browser
  • wide-browser-and-larger
  • medium-browser-and-landscape-tablet
  • medium-wide-browser-and-larger
  • above-phone
  • portrait-tablet-and-above
  • above-portrait-tablet
  • landscape-tablet-and-above
  • landscape-tablet-and-medium-wide-browser
  • portrait-tablet-and-below
  • landscape-tablet-and-below