February 4, 2015 / 7:02 AM / 5 years ago

ソニー通期最終赤字を圧縮、ゲームとセンサーに光明

[東京 4日 ロイター] - ソニー(6758.T)は4日、2015年3月期の連結当期純損益予想(米国会計基準)について、従来予想の2300億円の赤字から1700億円の赤字(前年同期は1284億円の赤字)に圧縮すると発表した。

 2月4日、ソニーは、2015年3月期の連結当期純損益予想について、従来予想の2300億円の赤字から1700億円の赤字に上方修正したと発表した。バンクーバーで1月撮影(2015年 ロイター/BEN NELMS)

不振のスマートフォン(スマホ)事業の減損計上で巨額の最終赤字に陥るなか、スマホ販売計画を一段と引き下げたが、ゲーム事業と半導体のイメージセンサーが好調で、2年連続の巨額赤字の傷を浅くする。

記者会見した吉田憲一郎最高財務責任者(CFO)は「モバイルを除けば業績は改善傾向にある」と述べた。構造改革については「時間はかかっているが成果を表してきた」との見方を示した。

ゲームとセンサーの好調で、今期のエレクトロニクス5部門の営業損益は90億円の赤字の見通しとなり、従来計画の400億円の赤字より大幅に圧縮。今期は「悲願」のエレクトロニクス黒字化まで、あと一歩の水準まで改善することになる。

<テレビ11年ぶり黒字化近づく>

通期のスマホ販売計画は従来予想の4100万台から3920万台(前年同期は3910万台)に下方修正した。アジアの競争が激化したほか、急なユーロ安で欧州の販売も絞った。人員削減の費用もかさみ、今期のモバイル事業の赤字は2150億円(従来計画2040億円)に膨らむ。

一方で、ゲーム事業は利益計画を上方修正。「プレイステーション4」の4―12月の販売台数は1240万台に達し、据え置き型ゲーム機の販売計画は従来の1700万台から1750万台(同1460万台)に引き上げた。

さらに、ゲーム機を通じたネットワーク販売が着実に拡大。ネットユーザーは月間6400万人を超え、売上高は4―12月で2400億円(前年同期は1300億円)に達した。

半導体のイメージセンサーは、米アップル(AAPL.O)のiPhoneをはじめ、中国のスマホメーカーなどからの受注が好調に推移。今期の同事業の営業利益率は10.5%になる見込みで、金融事業、音楽事業に次ぐ「2桁利益」の優良事業となる。

液晶テレビ事業は3四半期連続で黒字化。4―12月の営業利益は221億円。1―3月期は例年赤字だが、為替の円安は追い風で、11年ぶりの通期黒字化は「確度が高まった」(吉田CFO)。

<通期営業黒字化へ>

円安も寄与し、連結売上高予想は従来の7兆8000億円から8兆円(前年同期は7兆7673億円)に引き上げた。エンターテインメントと金融を加えた連結営業損益予想は従来の400億円の赤字から一転して200億円の黒字(同265億円の黒字)に上方修正した。

映画子会社ソニー・ピクチャーズエンタテインメント(SPE)が受けたハッカー攻撃は、今期業績に与える影響は軽微という。

今期の構造改革費用は3740億円を計上する。1―3月期は、年末商戦後の季節要因でテレビなどの販売が落ち込むほか、人員削減などの構造改革費用を計上して1425億円の営業損失を計上する計画で、今期の構造改革の仕上げにかかる。

来期も人員削減を続けるモバイル事業は「1年遅れで構造改革の着手になる」(吉田CFO)が、それを除いて、本社や販社、事業部門のリストラは今期中にやり切る構えだ。

*内容を追加して再送します。

村井令二 編集:吉瀬邦彦

0 : 0
  • narrow-browser-and-phone
  • medium-browser-and-portrait-tablet
  • landscape-tablet
  • medium-wide-browser
  • wide-browser-and-larger
  • medium-browser-and-landscape-tablet
  • medium-wide-browser-and-larger
  • above-phone
  • portrait-tablet-and-above
  • above-portrait-tablet
  • landscape-tablet-and-above
  • landscape-tablet-and-medium-wide-browser
  • portrait-tablet-and-below
  • landscape-tablet-and-below