for-phone-onlyfor-tablet-portrait-upfor-tablet-landscape-upfor-desktop-upfor-wide-desktop-up

ソニー、ロシアで映画公開を一時停止 ディズニーなども

 3月1日、ソニーグループ傘下のソニー・ピクチャーズエンタテインメントの広報担当者は、ロシアで新作「モービウス」などの映画公開を一時停止すると明らかにした。写真は都内で2016年3月撮影(2022年 ロイター/Thomas Peter)

[28日 ロイター] - ソニーグループ傘下のソニー・ピクチャーズエンタテインメントの広報担当者は、ロシアで「モービウス」などの新作映画公開を一時停止すると明らかにした。ウクライナ侵攻を受け、米ウォルト・ディズニーなどもロシアでの公開中止を発表している。

ディズニーは、ピクサー・アニメーション・スタジオの「私ときどきレッサーパンダ」から公開を停止するとしている。ワーナーメディアも、ロシアで今週予定されていた「ザ・バットマン」の公開を停止すると明らかにした。

ディズニーは、今後については「状況をみて決める」としつつ、難民危機の大きさに鑑み、人道支援を行うためパートナーNGOと協力していると明らかにした。

ロシアはハリウッドにとって重要な市場で、デジタル市場分析会社のコムスコアによると、2021年のロシアの興行収入は6億0100万ドルで、世界全体(214億ドル)の約2.8%を占めている。

for-phone-onlyfor-tablet-portrait-upfor-tablet-landscape-upfor-desktop-upfor-wide-desktop-up