January 14, 2020 / 4:44 AM / 4 months ago

米朝対話の実現を悲観する必要ない=韓国大統領

[ソウル 14日 ロイター] - 韓国の文在寅大統領は14日、米朝の非核化交渉の停滞を悲観する必要はないとし、北朝鮮はさらなる交渉への扉を閉じてはいないと述べた。また南北の協力が、対北朝鮮制裁緩和の道を開く可能性があると指摘した。

 1月14日、韓国の文在寅大統領(写真)は、米朝の非核化交渉の停滞を悲観する必要はないとし、北朝鮮はさらなる交渉への扉を閉じてはいないと述べた。写真は青瓦台(大統領府)での会見の様子。ソウルでの代表撮影(2020年/ロイター)

文大統領は青瓦台(大統領府)での会見で、トランプ米大統領が金正恩朝鮮労働党委員長に最近送付した書簡について、トランプ氏が北朝鮮との対話に取り組んでいることを示す良い兆候だと指摘。さらに、開かれた南北対話にも楽観的な見方を示した。

文大統領は「金委員長の誕生日を前に新たな挑発を懸念する見方も出ていたが、トランプ大統領は誕生日のメッセージを送って対話の意欲を強調した。これは非常に良い考えだった」と述べた。

韓国当局者は10日、トランプ氏から金委員長への誕生日メッセージを託されたと明らかにした。

しかし、北朝鮮は11日、トランプ氏からすでに直接書簡を受け取ったとする声明を発表。米朝関係に「干渉」しないよう韓国をけん制した。

声明の中で北朝鮮外務省当局者は、金委員長はトランプ氏に個人的に好感を抱いているが、感情で政策を決定することはないとも強調した。

文大統領は北朝鮮のこうした反応について、「北朝鮮は自らの要求が受け入れられれば交渉に復帰すると表明し、それによって対話の扉が閉ざされていないことを明確にした」との見方を示した。

そのうえで「米朝協議は現在活発ではないが、私はトランプ大統領と金委員長が互いを信頼し、努力を続けると考えている」と述べた。

文大統領は南北の経済協力の取り組み再開を目指しているが、米朝交渉の停滞に阻まれる格好となっている。

韓国が独自に北朝鮮との対話再開を目指す意向があるかとのロイターの質問に、大統領は、現状打開に向けた「新たなアイデア」を模索する必要があると指摘。

「南北協力を可能な限り拡大すれば、米朝対話の早期実現のみならず、必要なら制裁の一部撤回ないし免除について国際的支持を得ることが可能になるだろう」と述べた。

文大統領は、制裁に阻まれることなく南北がとれる措置があると指摘。軍事境界線をはさんだ地域での協力、個人の観光再開を挙げた。さらに、今夏の東京五輪に共同チームとして参加することや、2032年五輪開催に共同で立候補するという案もあると述べた。

*内容を追加しました。

0 : 0
  • narrow-browser-and-phone
  • medium-browser-and-portrait-tablet
  • landscape-tablet
  • medium-wide-browser
  • wide-browser-and-larger
  • medium-browser-and-landscape-tablet
  • medium-wide-browser-and-larger
  • above-phone
  • portrait-tablet-and-above
  • above-portrait-tablet
  • landscape-tablet-and-above
  • landscape-tablet-and-medium-wide-browser
  • portrait-tablet-and-below
  • landscape-tablet-and-below