February 27, 2018 / 1:35 AM / 6 months ago

南ア大統領が内閣改造発表、ネネ元財務相を再起用

[プレトリア 26日 ロイター] - 南アフリカのラマポーザ大統領は26日、内閣改造を発表した。財務相には約2年前に同職を解任されたネネ氏を起用し、財務相経験者のゴーダン氏も閣僚に登用した。

 2月26日、南アフリカのラマポーザ大統領は、内閣改造を発表した。財務相には約2年前に同職を解任されたネネ氏を起用し、財務相経験者のゴーダン氏も閣僚に登用した。写真は2015年2月、ケープタウンの国会議事堂で予算案を発表するネネ氏。代表撮影(2018年 ロイター/Sumaya Hisham)

ネネ氏は前回の在任中に財政改革に取り組んだが、2015年12月にズマ前大統領に解任された。ズマ氏は後任に無名の議員を就けたものの、通貨ランドが暴落し、わずか4日後にネネ氏の前任だったゴーダン氏を財務相に復帰させた。

市場の信認が厚いにもかかわらず昨年3月に更迭されたゴーダン氏は、今回の内閣改造で公共企業相として再入閣。同氏は09─14年と15─17年に財務相を務めた。

ラマポーザ大統領は、閣僚に新顔を加えた一方で、与党アフリカ民族会議(ANC)の勧告を受けて辞任したズマ氏に近い人物の一部を交代させた。ANCの派閥間のバランスに配慮し、ズマ氏が任命した複数の閣僚は、格下げしたうえで閣内にとどめた。

ラマポーザ氏は「連続性と安定性を確保する一方で、刷新や経済回復、変革加速の必要性も考慮に入れるバランス感が大事だと認識し、内閣改造を行った」とコメント。

ラマポーザ氏は今月の就任後に「新たな夜明け」を迎えたと述べ、ズマ政権下ではびこった汚職の取り締まりを約束している。

ランドZAR=D3は内閣改造発表前に対ドルで強含んだが、発表後は膠着状態となった。

スタンダード・チャータードのアフリカ担当首席エコノミスト、ラジア・カーン氏は、新内閣は玉石混交だと分析。「市場はネネ氏の財務相起用、ゴーダン氏の公共企業相起用に肯定的な反応を示すだろう」としたうえで、総じて言えば、政策面だけでなく党の結束、従来からの支持基盤に配慮した顔ぶれだと述べた。

0 : 0
  • narrow-browser-and-phone
  • medium-browser-and-portrait-tablet
  • landscape-tablet
  • medium-wide-browser
  • wide-browser-and-larger
  • medium-browser-and-landscape-tablet
  • medium-wide-browser-and-larger
  • above-phone
  • portrait-tablet-and-above
  • above-portrait-tablet
  • landscape-tablet-and-above
  • landscape-tablet-and-medium-wide-browser
  • portrait-tablet-and-below
  • landscape-tablet-and-below