Reuters logo
中国国防白書、海上での軍事力拡大へ 灯台建設で起工式
2015年5月26日 / 08:39 / 2年前

中国国防白書、海上での軍事力拡大へ 灯台建設で起工式

[北京 26日 ロイター] - 中国は26日、国防白書を発表し、領有権をめぐって他国と対立している南シナ海などで深刻かつ複雑な安全保障上の脅威に直面しているとして海上での軍事力を増強する方針を打ち出した。

 5月26日、中国は国防白書を発表し、領有権をめぐって他国と対立している南シナ海などで深刻かつ複雑な安全保障上の脅威に直面しているとして海上での軍事力を増強する方針を打ち出した。南沙諸島で21日撮影。提供写真(2015年 ロイター/U.S. Navy)

白書は「公海の保護」を引き続き強化していくとし、中国の岩礁や島々で「挑発的な行為」をとる近隣国を批判した。

中国は南シナ海の南沙(英語名スプラトリー)諸島で埋め立て作業を加速させており、こうした強硬姿勢をめぐる緊張が高まっている。

中国国防省の楊宇軍報道官は記者会見で、南沙諸島での埋め立て作業は本土での住宅や道路の建設と同類の活動だと説明。「主権という観点から、何も違いはない」と述べた。

また、「秘めた動機」を持つ一部の国が中国軍の活動について不当な判断を下し、問題をセンセーショナルに取り上げていると批判した。

白書では、空軍のオペレーションの焦点を防空から攻撃・防衛の両方にシフトすることも明らかにした。

26日の国営メディアの報道によると、中国は南シナ海で灯台2基の起工式を行った。米国やフィリピンは南シナ海での建設活動の凍結を求めていた。

中国外務省報道官は、海上捜索・救難、災害救助、環境保護、航行の安全確保が目的だと説明した。

*内容を追加しました。

私たちの行動規範:トムソン・ロイター「信頼の原則」
0 : 0
  • narrow-browser-and-phone
  • medium-browser-and-portrait-tablet
  • landscape-tablet
  • medium-wide-browser
  • wide-browser-and-larger
  • medium-browser-and-landscape-tablet
  • medium-wide-browser-and-larger
  • above-phone
  • portrait-tablet-and-above
  • above-portrait-tablet
  • landscape-tablet-and-above
  • landscape-tablet-and-medium-wide-browser
  • portrait-tablet-and-below
  • landscape-tablet-and-below