March 2, 2020 / 3:20 AM / 5 months ago

韓国、新型肺炎感染者4335人・死者26人 ソウル市は教団を刑事告発

[ソウル 2日 ロイター] - 韓国疾病予防管理局(KCDC)は2日、新型コロナウイルスの国内の感染者が599人増え、4335人になったと発表した。死者は計26人となった。

新たな感染者のうち、377人は韓国南東部の大邱市で確認された。大邱市では新興宗教団体「新天地イエス教会」で集団感染が起こり、感染者が急増した。近隣の慶尚北道でも68人が新たに感染した。

新天地イエス教会の教主は記者会見に臨み、感染拡大につながったことを謝罪した。

KCDCによると、同教団の一部の信者が1月に新型ウイルスの発生源とされる中国湖北省武漢市を訪れたことが判明しており、韓国国内の感染拡大と関連があるかどうかについて調査を進めているという。

ソウル市は、感染拡大防止の取り組みに同教団が協力を拒んだとして、教主で会長のイ・マンヒ氏を殺人容疑で検察に刑事告発したと明らかにした。

保健福祉省の金剛立(キム・ガンリプ)次官は、「同教団が故意に、あるいはその他の理由で協力しなかったと判明すれば、あらゆる必要な措置を講じる」と警告。「しかし、事実が判明するまでは、同教会が提供した情報など自主的な協力を活用することに大いにメリットがある」と述べた。

同教団は1日遅くに声明を出し、信者に対する「非難や憎悪、中傷」をやめるよう改めて呼びかけ、政府に協力していると表明。教団の31万人に上る信者と「見習い」の全員がウイルス検査を受けるなど、当局から厳しい監視の目が向けられている。

 3月2日、韓国疾病予防管理局(KCDC)は、新型コロナウイルスの国内の感染者が476人増え、4212人になったと発表した。写真はソウルで1日撮影(2020年 ロイター/Kim Hong-Ji)

韓国の兪銀惠(ユ・ウネ)教育相は2日、国内のすべての学校について、新学期の開始を2週間延期し3月23日にすると発表した。

同相は会見で「新型ウイルスの感染拡大が落ち着くまで2週間は必要だ」と発言。教育省がデジタル教科書とオンライン授業を用意し、勉強に遅れが出ないようにすると述べた。

*内容を追加しました。

0 : 0
  • narrow-browser-and-phone
  • medium-browser-and-portrait-tablet
  • landscape-tablet
  • medium-wide-browser
  • wide-browser-and-larger
  • medium-browser-and-landscape-tablet
  • medium-wide-browser-and-larger
  • above-phone
  • portrait-tablet-and-above
  • above-portrait-tablet
  • landscape-tablet-and-above
  • landscape-tablet-and-medium-wide-browser
  • portrait-tablet-and-below
  • landscape-tablet-and-below