Reuters logo
中国、人工島への戦闘機配備はいつでも可能=米シンクタンク
2017年3月28日 / 03:41 / 8ヶ月後

中国、人工島への戦闘機配備はいつでも可能=米シンクタンク

[ワシントン 27日 ロイター] - 米シンクタンク、戦略国際問題研究所(CSIS)傘下のアジア海事透明性イニシアチブ(AMTI)は27日、中国が南シナ海に造成した人工島で進めてきた主要な軍事施設の建設をほぼ終え、戦闘機をいつでも配備できる状態にあるとの見方を示した。

Construction is shown on Fiery Cross Reef, in the Spratly Islands, the disputed South China Sea in this March 9, 2017 satellite image released by CSIS Asia Maritime Transparency Initiative at the Center for Strategic and International Studies (CSIS) to Reuters on March 27, 2017. MANDATORY CREDIT: CSIS/AMTI DigitalGlobe/Handout via REUTERS

AMTIによると、南シナ海のスプラトリー(中国名・南沙)諸島のファイアリー・クロス(永暑)礁、スビ(渚碧)礁、ミスチーフ(美済)礁でレーダーや海軍・空軍の施設の工事が完了しつつある。

中国は南シナ海を軍事拠点化しているとの米国側の指摘を否定している。

米国防総省のロス報道官は、国防総省は情報活動についてコメントしないとし、AMTIの具体的な分析内容に関するコメントを拒否した。その上で、「中国が南シナ海で建設活動を続けていることは、中国が地域の緊張を高め、平和的な問題解決に逆効果となる一方的な行為を続けているという証拠をなす」と語った。

*写真を差し替えて再送しました。

私たちの行動規範:トムソン・ロイター「信頼の原則」
0 : 0
  • narrow-browser-and-phone
  • medium-browser-and-portrait-tablet
  • landscape-tablet
  • medium-wide-browser
  • wide-browser-and-larger
  • medium-browser-and-landscape-tablet
  • medium-wide-browser-and-larger
  • above-phone
  • portrait-tablet-and-above
  • above-portrait-tablet
  • landscape-tablet-and-above
  • landscape-tablet-and-medium-wide-browser
  • portrait-tablet-and-below
  • landscape-tablet-and-below