November 2, 2015 / 12:59 AM / 4 years ago

アジア、安全保障面で米の協力強化望む=米国防長官

 11月1日、カーター米国防長官(写真中央)は、南シナ海の領有権問題の影響で、アジアの国々は米国に安全保障上のプレゼンスを高めることを要望していると述べた。1日撮影(2015年 ロイター/Yonhap)

[オサン空軍基地(韓国) 1日 ロイター] - カーター米国防長官は1日、南シナ海の領有権問題の影響で、アジアの国々は米国に安全保障上のプレゼンスを高めることを要望していると述べた。

米は10月27日、中国が領海と主張する南シナ海の人工島12カイリ以内の海域に駆逐艦を航行させた。中国は「挑発的な行為」と厳しく非難した。

カーター長官は記者団に「南シナ海問題への関心、重大性から、地域の多くの国は米国に安全保障上の協力を強化してほしいと考えている」と語った。

5日にマレーシアで開催される防衛担当相会合については、「中国によるしゅんせつ工事や軍の活動が過去に例をみないほど活発だった」と、南シナ海情勢などが討議される見通しを示した。

カーター長官は、1日にソウル入りし、2日に韓国の韓民求国防相と会談する。その後マレーシアに向かい、東南アジアの防衛担当相会合に出席する。この会合には、中国の常万全国防相も出席することになっている。

0 : 0
  • narrow-browser-and-phone
  • medium-browser-and-portrait-tablet
  • landscape-tablet
  • medium-wide-browser
  • wide-browser-and-larger
  • medium-browser-and-landscape-tablet
  • medium-wide-browser-and-larger
  • above-phone
  • portrait-tablet-and-above
  • above-portrait-tablet
  • landscape-tablet-and-above
  • landscape-tablet-and-medium-wide-browser
  • portrait-tablet-and-below
  • landscape-tablet-and-below