for-phone-onlyfor-tablet-portrait-upfor-tablet-landscape-upfor-desktop-upfor-wide-desktop-up

日本の投資家が4月に南欧債買い越し、スペイン債は過去最高更新

[東京 8日 ロイター] - 日本の投資家が4月に南欧債を大きく買い越していることがわかった。スペイン債は2カ月連続で過去最高の買い越し。イタリア債も買い越しに転じている。

財務省が8日発表した4月の国際収支データでみると、本邦勢はスペインの中長期債を3499億円の買い越し、イタリア債は1691億円の買い越しとなった。

昨年10月以降、日本の投資家はドルヘッジコストの高騰を嫌気して、欧州債へのシフトを進めてきた。4月はドイツ債が6722億円の売り越しとなったが、フランス債は引き続き選好され、2980億円の買い越しとなっている。

ただ、6カ月連続で売り越しとなっていた米国債は4月に7026億円の買い越しに転じた。

南欧債は、他の欧州債よりも高い利回りであったことが日本の投資家に魅力的に映ったようだ。しかし、イタリア政局の不安定化を嫌気して、5月は日本勢も南欧債への投資を慎重にした可能性がある。

佐野日出之 編集:伊賀大記

for-phone-onlyfor-tablet-portrait-upfor-tablet-landscape-upfor-desktop-upfor-wide-desktop-up