for-phone-onlyfor-tablet-portrait-upfor-tablet-landscape-upfor-desktop-upfor-wide-desktop-up

サッカー=イングランド監督、選手のSNS使用「考えるべき」

 サッカーのイングランド代表を率いるガレス・サウスゲート監督(写真)は、オンライン上でのネガティブなコメントや暴言の影響を受けないようにするため、選手たちはソーシャルメディア使用をやめることを検討すべきと語った(2021年 ロイター/Marko Djurica)

[28日 ロイター] - サッカーのイングランド代表を率いるガレス・サウスゲート監督は、オンライン上でのネガティブなコメントや暴言の影響を受けないようにするため、選手たちはソーシャルメディア使用をやめることを検討すべきと語った。

この発言は、元フランス代表のティエリ・アンリ氏(43)が今週、オンライン上の匿名の差別行為やいじめに対して行動を起こさないプラットフォームに抗議するため、自身のアカウントを削除したことを受けてのもの。

サウスゲート監督はアンリ氏の決断を支持し、6月に行われる欧州選手権中に選手がソーシャルメディアを使用することは止めないとしつつも、「このようなネガティブな注目を受ける可能性のあるすべての選手、全ての著名人が考えるべきことだと思う。有名人だけでなく、オンラインでいじめを受ける若い子どもたちもいる。みんなが考えるべき問題だ」とコメント。

さらに同監督は、「国内のどの監督と話をしても、彼らの最大の心配事の1つは、選手たちがロッカールームで携帯の画面をスクロールしていることと言うだろう」とし、「試合が終わったばかりというのは、選手は傷つきやすい時間。疲労困憊しているなかで、彼らはどんな声に耳を傾けているのか」とも語っている。

for-phone-onlyfor-tablet-portrait-upfor-tablet-landscape-upfor-desktop-upfor-wide-desktop-up