December 23, 2019 / 5:23 AM / a month ago

非核化交渉の行き詰まり、北朝鮮にとって有益ではない=韓国大統領

 韓国の文在寅大統領(写真)は12月23日、中国の習近平国家主席との会談で、北朝鮮の非核化交渉が行き詰まり、最近、米国と北朝鮮の間で緊張が高まっていることは北朝鮮にとって有益ではないとの見解を示した。写真は9月、ニューヨークで撮影(2019年 ロイター/Brendan Mcdermid)

[ソウル 23日 ロイター] - 韓国の文在寅大統領は23日、中国の習近平国家主席との会談で、北朝鮮の非核化交渉が行き詰まり、最近、米国と北朝鮮の間で緊張が高まっていることは北朝鮮にとって有益ではないとの見解を示した。韓国大統領府が明らかにした。

北京で開かれた中韓首脳会談で、文大統領は、両国がより緊密に協力して北朝鮮の非核化に向けた交渉を再始動させることに期待を示した。

習主席は、2国間関係を「新たな、より高いレベル」に引き上げるために自身が文大統領と共に「主導的な役割を果たす」と語ったという。

非核化をめぐる米朝交渉では、北朝鮮が年末を期限に設定し、「敵視政策」の撤回を米国側に求めている。

北朝鮮の朝鮮中央通信(KCNA)は21日、米国が北朝鮮の人権問題に異議を唱えれば大きな犠牲を払うことになるとけん制。米国の「悪意ある言葉」は朝鮮半島の緊張を一段と高めるだけだと批判した。

文大統領は、中国が朝鮮半島問題で重要な役割を果たしていることを高く評価すると表明。

「米朝の対話が停止され、半島の緊張が高まっている最近の情勢は、中韓だけではなく、北朝鮮にとっても決して有益ではない」とし、「今回の貴重な機会が実を結ぶよう、我々がより緊密に協力することを期待する」と述べた。

国営メディアによると、習主席は文大統領に対し、北朝鮮との関係を改善し、和平交渉に弾みをつける韓国側の努力を支持すると表明。中韓は対話と協議を通じた朝鮮半島問題の解決を主張しており、「安定を維持し、協議を促す断固たる勢力」だと述べた。

*内容を追加して再送します。

0 : 0
  • narrow-browser-and-phone
  • medium-browser-and-portrait-tablet
  • landscape-tablet
  • medium-wide-browser
  • wide-browser-and-larger
  • medium-browser-and-landscape-tablet
  • medium-wide-browser-and-larger
  • above-phone
  • portrait-tablet-and-above
  • above-portrait-tablet
  • landscape-tablet-and-above
  • landscape-tablet-and-medium-wide-browser
  • portrait-tablet-and-below
  • landscape-tablet-and-below