for-phone-onlyfor-tablet-portrait-upfor-tablet-landscape-upfor-desktop-upfor-wide-desktop-up

韓国、積極的な歳出拡大を計画 成長支援へ雇用・福祉に重点

[ソウル 1日 ロイター] - 韓国政府は1日、新型コロナウイルスの感染拡大で経済が打撃を受ける中、雇用保護と福祉の拡充に向け、今後数年にわたり積極的な歳出拡大を進める方針を明らかにした。

企画財政省の発表によると、2021年の歳出は8.5%増加して過去最大の555兆8000億ウォン(4683億ドル)となる見通し。一方、歳入は0.3%増の483兆ウォンにとどまるとみられている。

これによって財政赤字の対国内総生産(GDP)比率は6.9%ポイント上昇し、過去最大の46.7%に達する見通しだ。

政府は、2020年から24年にかけて財政支出が年5.7%のペースで拡大し、債務は23年までに対GDP比54.6%に膨らむと予想。昨年示した予想では、23年時点の債務は対GDP比46.4%と見込んでいた。

洪楠基・企画財政相は、記者団に対し「債務や財政赤字がやや拡大するとしても、財政政策がその役割を果たすよう、支出を拡大するほうが適切と思われる」と述べた。

また、新型コロナの感染ペース加速が続けば、今年マイナス成長を回避するのは困難になるとの見方を示した。

輸出や小売部門の低迷で痛手を負う国内経済を支援するため、政府は福祉・雇用向けの支出を10.7%、社会インフラ整備への支出を11.9%、それぞれ引き上げる。

21年の国債発行額は過去最大の172兆9000億ウォンを予定し、20年の167兆ウォンを上回る見通し。

for-phone-onlyfor-tablet-portrait-upfor-tablet-landscape-upfor-desktop-upfor-wide-desktop-up