for-phone-onlyfor-tablet-portrait-upfor-tablet-landscape-upfor-desktop-upfor-wide-desktop-up

早急な物価安定、長期的な成長にプラス=韓国中銀

 9月8日、韓国中央銀行は、四半期金融政策報告を公表し、早急に物価を安定させることが長期的な経済成長にとって望ましいとの見解を示した。写真は同中銀。ソウルで2017年11月撮影(2022年 ロイター/Kim Hong-Ji )

[ソウル 8日 ロイター] - 韓国中央銀行は8日、四半期金融政策報告を公表し、早急に物価を安定させることが長期的な経済成長にとって望ましいとの見解を示した。

7月に異例の50ベーシスポイント(bp)の大幅利上げを実施したことについては、早急な大幅利上げが当面必要だと説明。為替レートも要因の一つだったと述べた。

中銀は「高インフレが定着すれば、大幅に強力な金融政策対応が必要になる。当面は迅速かつ大幅な利上げで先手を打ってインフレ期待を抑制することが必要だ」と指摘。

「高インフレへの対応の過程で短期的に経済成長が損なわれるのは避けられない。過去の経験を踏まえると、長期的な成長のためには早急に物価を安定させるほうがメリットがある」と述べた。

中銀は7月の50bp利上げについて、為替レートが要因の一つだったとも指摘。「米連邦準備理事会(FRB)の引き締めペースが加速する中、為替レートの上昇を通じて他国のインフレ圧力が強まっている」と述べた。

今年上半期にウォンが対ドルで急落したことで、国内消費者物価が0.4%ポイント押し上げられたとも試算。ウォンはこの間、対ドルで8.4%下落した。

for-phone-onlyfor-tablet-portrait-upfor-tablet-landscape-upfor-desktop-upfor-wide-desktop-up