for-phone-onlyfor-tablet-portrait-upfor-tablet-landscape-upfor-desktop-upfor-wide-desktop-up

韓国、21年成長率予想を3.2%に下方修正 財政出動継続へ

韓国財政省は17日、2021年の経済成長率を当初予想の3.6%から3.2%に下方修正した。新型コロナウイルスの感染が再び拡大する中、財政出動で引き続き景気を下支えする方針を示した。写真はソウルの繁華街、8日撮影(2020年 ロイター/Kim Hong-Ji)

[ソウル 17日 ロイター] - 韓国財政省は17日、2021年の経済成長率を当初予想の3.6%から3.2%に下方修正した。新型コロナウイルスの感染が再び拡大する中、財政出動で引き続き景気を下支えする方針を示した。

今年の成長率はマイナス1.1%と、1998年以来の大幅な落ち込みとなる見通し。

財政省によると、過去最大の558兆ウォン(約5100億ドル)規模の2021年度予算のうち、63%を上期に充て景気を下支えし、クレジットカード利用時の税制優遇措置も拡充する。

110兆ウォン規模の投資プロジェクトで公営住宅建設や鉄道・港湾の整備を進め、企業や雇用を支援する。255兆ウォン相当の輸出業者向け低金利融資も提供する。

今年の輸出は6.2%縮小する見通しだが、21年は半導体需要の世界的な回復により、8.6%増を見込む。

最新の経済見通しと歳出計画は、新型コロナ感染予防のための全面的なロックダウン(都市封鎖)を導入しないことが前提となる。

財政省はまた、資本フローの大幅な変動を防ぐため、国内の証券会社や保険会社のドル調達動向を注視すると説明した。

for-phone-onlyfor-tablet-portrait-upfor-tablet-landscape-upfor-desktop-upfor-wide-desktop-up