for-phone-onlyfor-tablet-portrait-upfor-tablet-landscape-upfor-desktop-upfor-wide-desktop-up

韓国鉱工業生産、10月は前月比-3.5% 約2年半ぶり大幅減

 11月30日、韓国統計局が発表した10月の鉱工業生産は、季節調整済み前月比で3.5%減と2020年5月以来の大幅な落ち込みを記録した。ソウルで2016年8月撮影(2022年 ロイター/Kim Hong-Ji)

[ソウル 30日 ロイター] - 韓国統計局が30日発表した10月の鉱工業生産は、季節調整済み前月比で3.5%減と2020年5月以来の大幅な落ち込みを記録した。世界的な景気減速と積極的な利上げで需要が弱まっている。

減少幅は、ロイターがまとめた市場予想の1.0%よりも大幅だった。

前月は1.9%減に改定された。

10月は製品別では自動車が7.3%減、機械が7.9%減と落ち込みが目立った。

サービス部門の生産は0.8%減。減少ペースは前月の0.2%から加速し、20年12月以来の大きさとなった。小売売上高は0.2%減だった。

鉱工業生産は前年比では1.1%減少し、こちらも横ばいを見込んでいた市場予想を下回り、12カ月連続の増加に終止符を打った。

for-phone-onlyfor-tablet-portrait-upfor-tablet-landscape-upfor-desktop-upfor-wide-desktop-up