December 2, 2019 / 2:29 AM / 6 days ago

韓国製造業PMI、11月は8カ月連続で50割れ 前月からは上昇

[ソウル 2日 ロイター] - 日経/マークイットが2日に発表した韓国の11月の製造業購買担当者景気指数(PMI、季節調整済み)は49.4と、景況拡大・悪化の分かれ目となる50を8カ月連続で下回った。ただ、前月の48.4からは上昇し、4月以来の高水準となった。

生産は引き続き減少したが、自動車や電子機器の新製品発売が寄与して減少ペースは和らいだ。

新規受注指数は前月から低下し、13カ月連続で50を下回った。

ただ、サブ指数である新規輸出受注は前月の48.6から49.9に上昇し、50まであとわずかに迫った。

中国やベトナム、米州向けの輸出が増加した一方、日本やインド、香港向けは減少した。

IHSマークイットのエコノミスト、ジョー・ヘイズ氏は「新規受注は引き続き減少したが、10、11月の落ち込みは年初からの3四半期と比べると大きく和らいでいる」と指摘。「10、11月のPMIは全体として、企業が2020年に向けて弾みをつけ始めていることを示唆している」と述べた。

企業の人員削減は続いたものの、雇用減のペースは緩和した。

一方、向こう1年の見通しに関する企業信頼感は大幅に悪化した。

0 : 0
  • narrow-browser-and-phone
  • medium-browser-and-portrait-tablet
  • landscape-tablet
  • medium-wide-browser
  • wide-browser-and-larger
  • medium-browser-and-landscape-tablet
  • medium-wide-browser-and-larger
  • above-phone
  • portrait-tablet-and-above
  • above-portrait-tablet
  • landscape-tablet-and-above
  • landscape-tablet-and-medium-wide-browser
  • portrait-tablet-and-below
  • landscape-tablet-and-below