for-phone-onlyfor-tablet-portrait-upfor-tablet-landscape-upfor-desktop-upfor-wide-desktop-up

韓国製造業PMI、7月は49.8 2年ぶりに50割れ

S&Pグローバルが1日発表した7月の韓国製造業購買担当者景気指数 (PMI)は49.8と、前月の51.3から低下し、2020年9月以来約2年ぶりに好不況の分かれ目となる50を割り込んだ。ソウルの建設現場、2016年3月撮影(2022年 ロイター/Kim Hong-Ji)

[ソウル 1日 ロイター] - S&Pグローバルが1日発表した7月の韓国製造業購買担当者景気指数 (PMI)は49.8と、前月の51.3から低下し、2020年9月以来約2年ぶりに好不況の分かれ目となる50を割り込んだ。

インフレとサプライチェーンの問題が続き、生産と新規受注が低迷した。

生産は4カ月連続で減少。減少ペースは21年10月以降で最大だった。新規受注は22カ月ぶりに減少。海外受注は5カ月連続で減少した。

S&Pグローバル・マーケット・インテリジェンスのエコノミスト、ウサマ・バッティ氏は「強いインフレ圧力とサプライチェーンの混乱継続が生産と需要を妨げる要因になったとの報告があった」と指摘。

「燃料、金属、半導体など投入価格の上昇は、混乱が製造業の広範な領域に及んでいることを意味する」と述べた。

ただ物価圧力はピークアウトした兆しがある。投入価格と産出価格の上昇ペースはそれぞれ過去4カ月、過去7カ月で最低だった。

入荷遅延は悪化したが、悪化ペースは4カ月ぶりの低水準だった。

今後1年の生産見通しは引き続き楽観的だが、楽観度は昨年10月以降で最低だった。

for-phone-onlyfor-tablet-portrait-upfor-tablet-landscape-upfor-desktop-upfor-wide-desktop-up