for-phone-onlyfor-tablet-portrait-upfor-tablet-landscape-upfor-desktop-upfor-wide-desktop-up

韓国11月輸出は14%減、2年半ぶりの落ち込み幅 中国向け25%減

韓国産業通商資源省が1日発表した11月の貿易統計は、輸出が前年比14.0%減と2020年5月以来2年半ぶりの大幅な落ち込みを記録した。写真は、韓国・平沢港でトラックからコンテナを運び出している様子。2020年7月9日に撮影。(2022年 ロイター/Kim Hong-Ji)

[ソウル 1日 ロイター] - 韓国産業通商資源省が1日発表した11月の貿易統計は、輸出が前年比14.0%減と2020年5月以来2年半ぶりの大幅な落ち込みを記録した。中国をはじめとする主要市場の需要低迷や半導体産業の不振が響いた。

輸出額は519億1000万ドル。ロイターがまとめたアナリスト予想の11.0%減よりも大幅な減少だった。10月は5.7%減。

最大の輸出先である中国向けは25.5%減と、6カ月連続の減少で、09年5月以来の大幅な落ち込み幅となった。米国向けは8.0%増、欧州連合(EU)向けは0.1%増だった。

輸入は2.7%増の589億3000万ドル。伸び率は前月の9.9%から鈍化したが、市場予想の0.2%は上回った。

貿易収支は70億1000万ドルの赤字で、前月の67億ドルから赤字幅が拡大。8カ月連続の赤字だった。

エコノミストは、中国の新型コロナウイルス規制が緩和され、同国向け輸出を押し上げる可能性はあるものの、世界的な需要の冷え込みにより、持続的な効果は依然として限定的になりそうだと指摘している。

KB証券のエコノミスト、クォン・ヒジン氏は「半導体などのIT(情報技術)製品は最初に中国に出荷されるとしても、最終的には米国が仕向け地となっているが、同国の需要は強くないように見える」と述べた。

for-phone-onlyfor-tablet-portrait-upfor-tablet-landscape-upfor-desktop-upfor-wide-desktop-up