July 23, 2019 / 10:07 AM / a month ago

韓国企業、半導体材料を増産へ 日本の規制強化受け=地元メディア

 7月23日、日本が半導体材料の韓国向け輸出規制を強化したことを受け、韓国国内での増産の動きが始まったもようだ。韓国で2016年撮影(2019年 ロイター/Kim Hong-Ji)

[ソウル 23日 ロイター] - 日本が半導体材料の韓国向け輸出規制を強化したことを受け、韓国国内での増産の動きが始まったもようだ。韓国のオンライン経済ニュース、マネートゥデーは23日、ソウルブレイン(036830.KQ)のフッ化水素工場が9月に操業を開始し、日本製品に代替できることを期待していると、同社関係者の話として伝えた。

日本政府は今月、フッ化水素など3種類の半導体材料の韓国向け輸出規制を強化した。

韓国の半導体大手、サムスン電子(005930.KS)とSKハイニックス(000660.KS)はこれらの材料を主に日本から調達しているが、フッ化水素については、中国企業や韓国企業からも調達している。

ソウルブレインの資料によると、同社はすでにサムスンとSKハイニックスに一定量のフッ化水素を供給している。

同社の広報は、報道についてコメントを差し控えた。

23日の韓国株式市場で、ソウルブレインは一時26.5%急伸し、6.5%高で終了した。

0 : 0
  • narrow-browser-and-phone
  • medium-browser-and-portrait-tablet
  • landscape-tablet
  • medium-wide-browser
  • wide-browser-and-larger
  • medium-browser-and-landscape-tablet
  • medium-wide-browser-and-larger
  • above-phone
  • portrait-tablet-and-above
  • above-portrait-tablet
  • landscape-tablet-and-above
  • landscape-tablet-and-medium-wide-browser
  • portrait-tablet-and-below
  • landscape-tablet-and-below