September 11, 2019 / 1:24 AM / in 12 days

韓国、日本の輸出規制「差別的」と主張 きょうWTOに提訴へ

 9月11日、韓国の兪明希(ユ・ミョンヒ)産業通商資源相は同日の会見で、韓国政府は日本の輸出規制を巡り同日中に世界貿易機関(WTO)に提訴すると明らかにした。写真はWTO本部。2018年10月撮影(2019年 ロイター/Denis Balibouse)

[ソウル 11日 ロイター] - 韓国の兪明希(ユ・ミョンヒ)産業通商資源相は11日の会見で、韓国政府は日本の輸出規制を巡り同日中に世界貿易機関(WTO)に提訴すると明らかにした。日本の輸出規制は「政治的動機に基づく」もので、「差別的」と指摘した。

日本政府は7月、半導体材料3品目について韓国向けの輸出管理を強化した。

昨年に韓国の最高裁が日本企業に元徴用工への賠償を命じて以来、日韓関係は悪化している。

兪氏は、WTOの紛争解決の最初のステップとして、韓国は日本との協議を正式に要請し、輸出規制の撤回を求めると表明。協議で問題が解決されない場合、韓国はWTOのパネルに判断を求めるとした。

兪氏はまた、日本が輸出を規制する半導体材料3品目の出荷が見通せないために、韓国企業は「重大な損害を被っている」と指摘。7月4日に日本政府が輸出管理を強化した後、わずか3件の出荷しか認められていないと述べた。

現在、日本政府は対象の3品目を韓国に輸出する場合、輸出1件ごとに許可を得ることを企業に義務付けており、許可の取得に最長で90日かかる。従来は出荷まで1─2週間しかかからなかったと兪氏は述べた。

同氏はまた、日本が韓国を輸出手続きで優遇対象とする「ホワイト国」から除外したことに対して、韓国は「あらゆる選択肢」を検討していると明らかにした。

0 : 0
  • narrow-browser-and-phone
  • medium-browser-and-portrait-tablet
  • landscape-tablet
  • medium-wide-browser
  • wide-browser-and-larger
  • medium-browser-and-landscape-tablet
  • medium-wide-browser-and-larger
  • above-phone
  • portrait-tablet-and-above
  • above-portrait-tablet
  • landscape-tablet-and-above
  • landscape-tablet-and-medium-wide-browser
  • portrait-tablet-and-below
  • landscape-tablet-and-below