February 27, 2018 / 12:50 AM / 3 months ago

北朝鮮は核放棄と離散家族の再会実現を、韓国が国連人権理で要求

[ジュネーブ 26日 ロイター] - 韓国の康京和(カン・ギョンファ)外相は26日、国連人権理事会で演説し、北朝鮮は核・ミサイル開発の断念と朝鮮半島の平和を求める国際社会の要求を受け入れるべきと訴えた。

 2月26日、韓国の康京和(カン・ギョンファ)外相は、国連人権理事会で演説し、北朝鮮は核・ミサイル開発の断念と朝鮮半島の平和を求める国際社会の要求を受け入れるべきと訴えた。写真は9日、ソウルで会見する同外相。代表撮影(2018年 ロイター)

また、南北で分断された家族の再会を再度実現させるよう、北朝鮮に求めた。こうした離散家族の多くは80代と高齢に達している。

康外相は「朝鮮半島に平和がしっかりと根付き、北朝鮮での悲惨な人権状況が改善されるよう、平昌の精神を五輪後も長く存続させることが不可欠だ」と発言。「北朝鮮は国際社会の要求を聞き入れ、核・ミサイルプログラムを放棄すべきだ」と語った。

北朝鮮の外交官がロイターに明らかにしたところによると、同国の代表は康外相の発言に返答する意向を示したが、国連の規則では、人権理事会のハイレベル協議の最中は返答が認められていないという。

これに先立ち、韓国の文在寅(ムン・ジェイン)大統領は26日、米国に対し北朝鮮との対話の条件を引き下げるよう要請、北朝鮮には非核化に向けた意思を示すよう求めた。

0 : 0
  • narrow-browser-and-phone
  • medium-browser-and-portrait-tablet
  • landscape-tablet
  • medium-wide-browser
  • wide-browser-and-larger
  • medium-browser-and-landscape-tablet
  • medium-wide-browser-and-larger
  • above-phone
  • portrait-tablet-and-above
  • above-portrait-tablet
  • landscape-tablet-and-above
  • landscape-tablet-and-medium-wide-browser
  • portrait-tablet-and-below
  • landscape-tablet-and-below