July 24, 2019 / 4:08 AM / 4 months ago

ボルトン米大統領補佐官、韓国政府高官と会談 関係強化など協議

[ソウル 24日 ロイター] - 韓国を訪問中のボルトン米大統領補佐官(国家安全保障担当)は24日、政府高官らと朝鮮半島の非核化や米韓関係の強化などについて協議している。

会談の相手には大統領府の鄭義溶(チョン・ウィヨン)国家安保室長、鄭景斗(チョン・ギョンドゥ)国防相、康京和(カン・ギョンファ)外相らが含まれる。

23日夜に韓国入りしたボルトン氏はツイッターで、韓国は重要な同盟国でありインド・太平洋地域の安全保障と繁栄に不可欠と指摘した。

一連の会談で韓国側は、日本による半導体材料の輸出規制強化の問題を取り上げるとみられる。

野党・自由韓国党の羅卿ウォン(ナ・ギョンウォン)院内代表は24日にボルトン氏と会談したことを明らかにした。

ロシア軍機が韓国の領空を侵犯したとして韓国側が警告射撃をしたことに言及し、「米韓関係の重要性」を強調したと説明した。また、日本の輸出規制は日米韓3カ国の協力関係に利益にならないと訴えたという。ボルトン氏の反応は明らかにしていない。

0 : 0
  • narrow-browser-and-phone
  • medium-browser-and-portrait-tablet
  • landscape-tablet
  • medium-wide-browser
  • wide-browser-and-larger
  • medium-browser-and-landscape-tablet
  • medium-wide-browser-and-larger
  • above-phone
  • portrait-tablet-and-above
  • above-portrait-tablet
  • landscape-tablet-and-above
  • landscape-tablet-and-medium-wide-browser
  • portrait-tablet-and-below
  • landscape-tablet-and-below