for-phone-onlyfor-tablet-portrait-upfor-tablet-landscape-upfor-desktop-upfor-wide-desktop-up

米韓空軍、大規模共同訓練を開始 F-35など約240機参加

 10月31日、米国と韓国は、空軍による大規模な共同訓練「ビジラント・ストーム」を開始した。6月に撮影された米韓空軍の訓練の様子。提供写真(2022年 ロイター/Yonhap)

[ソウル 31日 ロイター] - 米国と韓国は31日、空軍による大規模な共同訓練「ビジラント・ストーム」を開始した。

米空軍が先週発表した声明によると、11月4日までの予定で、約240機の戦闘機が参加する。作戦の出撃回数は約1600回で過去最大規模になるという。

北朝鮮は合同演習について、侵略の予行演習で米韓の敵視政策の証拠だと非難している。今年に入りミサイル発射を加速させ、核実験に向けた準備を進めているとみられており、米韓は北の脅威に対抗するため、こうした訓練が必要だとしている。

ビジラント・ストームには最新鋭ステルス戦闘機F─35などが参加。オーストラリアも訓練用に空中給油機を配備する予定だ。

米空軍は米韓が「訓練期間中に近接航空支援、防勢対航空、緊急航空作戦などの主要な任務を24時間体制で共同で行う」と説明。「地上の支援部隊も基地防衛の手順や攻撃時の生存能力を訓練する」とした。

韓国軍は米軍も参加した12日間の定例の野外機動訓練「護国訓練」を28日に終了した。

for-phone-onlyfor-tablet-portrait-upfor-tablet-landscape-upfor-desktop-upfor-wide-desktop-up