Reuters logo
中国、韓国でのTHAAD用地確保に猛反発 外交・貿易に影響も
2017年2月28日 / 05:48 / 9ヶ月後

中国、韓国でのTHAAD用地確保に猛反発 外交・貿易に影響も

[北京 28日 ロイター] - 韓国ロッテグループの系列会社が27日、在韓米軍の最新鋭迎撃システム「高高度防衛ミサイル(THAAD)」の配備が予定されている所有地の韓国政府への提供を承認したことを受け、中国国営メディアは韓国製品の不買運動を呼び掛けるなど猛反発している。

 2月28日、韓国ロッテグループの系列会社が、在韓米軍の最新鋭迎撃システム「高高度防衛ミサイル(THAAD)」の配備が予定されている所有地の韓国政府への提供を承認したことを受け、中国国営メディアは韓国製品の不買運動を呼び掛けるなど猛反発している。写真は最新鋭迎撃システム「高高度防衛ミサイル(THAAD)のテスト発射の模様。米国防省提供写真(2017年 ロイター)

中国政府はTHAADは国家安全保障上の脅威であり、北朝鮮との緊張緩和につながらないとして、配備に反対している。

中国共産党機関紙・人民日報傘下の有力国際情報紙である環球時報の英語版は28日付の社説で、ロッテは中国から撤退すべきだと主張。「中国社会は、韓国から輸入される製品や娯楽商品に対する制限の拡大に自主的に協力し、必要な場合には阻止すべきだ」と提案した。

同紙の中国語版は、韓国メーカーの自動車と携帯電話も制限対象にすべきだとし、「代わりは十分にある」と指摘した。

人民日報の海外版は27日遅く、無料メッセージアプリ「微信(ウィーチャット)」で、韓国との外交断絶も検討すべきと提案。「THAADが実際に韓国に配備された場合、中国と韓国は外交断絶に向かう可能性に直面する」とした。

国営の新華社は27日遅くに出した解説記事で、中国はロッテを「歓迎しない」とし、「中国の消費者は、『国家の安全保障』の見地から、このような企業やその商品を断固拒絶することができる」との見解を伝えた。

韓国政府は昨年、北朝鮮のミサイルへの対抗措置としてTHAADの配備を決定。配備予定地はソウル南東で現在ロッテが所有するゴルフコースの一部に当たる。

私たちの行動規範:トムソン・ロイター「信頼の原則」
0 : 0
  • narrow-browser-and-phone
  • medium-browser-and-portrait-tablet
  • landscape-tablet
  • medium-wide-browser
  • wide-browser-and-larger
  • medium-browser-and-landscape-tablet
  • medium-wide-browser-and-larger
  • above-phone
  • portrait-tablet-and-above
  • above-portrait-tablet
  • landscape-tablet-and-above
  • landscape-tablet-and-medium-wide-browser
  • portrait-tablet-and-below
  • landscape-tablet-and-below