May 9, 2019 / 11:45 PM / 2 months ago

ベゾス氏、ブルー・オリジンの月着陸船モデル公表

 5月9日、米アマゾン・ドット・コム最高経営責任者(CEO)で宇宙開発ベンチャーのブルー・オリジンを創業したジェフ・ベゾス氏は、ワシントンで開いたメディアイベントで月着陸船の実物大モデルを公表した。写真はイベントで演説するベゾス氏(2019年 ロイター/Clodagh Kilcoyne)

[ワシントン 9日 ロイター] - 米アマゾン・ドット・コム(AMZN.O)最高経営責任者(CEO)で宇宙開発ベンチャーのブルー・オリジンを創業したジェフ・ベゾス氏は9日、ワシントンで開いたメディアイベントで月着陸船の実物大モデルを公表した。

「ブルー・ムーン」と名付けられた無人着陸船は2階建てで、ベゾス氏は、最大4機の小型ローバー(探査車)の展開や月軌道への衛星発射が可能だと説明した。

ローバーのモデルの1つや新たなロケットエンジンも公表した。

ペンス米副大統領は3月、米航空宇宙局(NASA)に対し、月軌道に宇宙ステーションを設置し、2024年までに「なんとしても」米国人宇宙飛行士を月の南極に着陸させるよう求め、従来の計画を4年前倒しした。

ベゾス氏はペンス副大統領が示した計画を歓迎する見方を示し、「われわれは3年前から取り組んでおり、この期限の達成に貢献できる」と主張。その上で「再び月に行くときが来た。今度は滞在するためだ」と述べた。

0 : 0
  • narrow-browser-and-phone
  • medium-browser-and-portrait-tablet
  • landscape-tablet
  • medium-wide-browser
  • wide-browser-and-larger
  • medium-browser-and-landscape-tablet
  • medium-wide-browser-and-larger
  • above-phone
  • portrait-tablet-and-above
  • above-portrait-tablet
  • landscape-tablet-and-above
  • landscape-tablet-and-medium-wide-browser
  • portrait-tablet-and-below
  • landscape-tablet-and-below