for-phone-onlyfor-tablet-portrait-upfor-tablet-landscape-upfor-desktop-upfor-wide-desktop-up

中国、探査機「天問1号」が捉えた初の火星映像を公開

 昨年7月に中国南部の海南島から打ち上げられた中国の火星探査機「天問1号」が捉えた初の火星の映像が5日、公開された。中国国家航天局(CNSA)提供(2021年 CNSA/ロイター)

[北京 5日 ロイター] - 昨年7月に中国南部の海南島から打ち上げられた中国の火星探査機「天問1号」が捉えた初の火星の映像が公開された。

中国国家航天局(CNSA)によると、公開された白黒の映像は、火星から約220万キロ離れたところから撮ったもの。探査機のシステムの状態は良好という。

探査機は打ち上げから197日飛行し、現在地球から1億8400万キロ離れた場所を飛行中という。

今年5月には火星にあるユートピア平原に軟着陸し、90日間の探査を行う予定。

for-phone-onlyfor-tablet-portrait-upfor-tablet-landscape-upfor-desktop-upfor-wide-desktop-up